自分の生まれもった体質【プラクリティ・ドーシャ】を知る

自分の生まれもった体質【プラクリティ・ドーシャ】を知る

アーユルヴェーダの診断では、脈診によって患者のドーシャのバランスを確認するのですが、男性は太陽エネルギーの右、女性は月のエネルギーである左手首の脈を診ます。

脈診でヴィクリティを知る

自分で脈を診る際は、診断する方の手のひらを上に向け、逆の手で手首をしたから支えるようにします。手のひらと手首の境目にある、橈骨茎状突起(とうこつけいじょうとっき)の内側から、人差し指、中指、薬指の先端を軽く当てます。

この際、人差し指に一番強い脈動を感じるようであればヴァータが増加しています。続いて中指がピッタ、薬指がカパが増加しているサインです。

それぞれのドーシャによる脈の性質とは

脈の性質の表現はユニークかつインド的で、個人的に大好きなのですが、蛇が体をくねらせて水平移動するようなスピーディな脈ヴァータの脈であり、これは人差し指にに感じるはずの脈動です。中指や薬指にもこの脈の動きが感じられるときは、ヴァータが強く出ていると考えられます。

カエルがぴょんぴょんと跳ねるような鋭く早い脈は、中指に感じるはずのピッタの脈です。ヴァータ同様、このピッタの脈が人差し指や薬指にも強く出ている場合はピッタが増加していると考えられます。

さて、薬指に感じるべきカパの脈拍は白鳥が自ら頭を持ち上げるような重くゆったりとした特徴があります。この動きを人差し指と中指に感じる場合はカパの性質が強く出ていることを示しています。

脈を診るのに適した時間

朝、起床して空腹の状態の脈はその人の健康状態があらわれるといいます。起きてすぐに脈に触れその日のコンディションを知るようにすれば「今日はピッタが上がっているから熱を下げる食材を摂ろう」とか「ヴァータが強くなっているからゆっくりと過ごそう」というふうに臨機応変な対応が可能になります。

生まれつきの性質、プラクリティを知る

自分自身の本質となるドーシャ、プラクリティ・ドーシャは基本的には変化することはありません。プラクリティ・ドーシャもヴィクリティと同じように、脈診によって指に伝わる最深層の情報を読み取り、本質のバランスを診ることによって導きだされます。しかしこの脈診は長年の経験と知識、高度な技術が必要になりますので、信頼できるアーユルヴェーダドクターに診てもらうことをお勧めします。

オンライン寺子屋ヨガ

目次 1 ヴィクリティ・ドーシャチェックで体の今の状態を知る1.1 プラクリティとは?1.2 ヴィクリティを知る2 ヴィ…

関連記事/ヴィクリティ・ドーシャ(今現在のドーシャバランス)チェック

ここでは問診表を使い、生まれつきの性質であるプラクリティをみていきましょう。

問診では、自分自身に対する気づき、そして自己をいかに客観的にみられるかが重要になります。自分を探るような気持ちで、幼少期からの自分の性質を思い出しながらチェックしていきます。

3つのドーシャの中で、最も合計点数が高かったものがあなたのプラクリティ・ドーシャです。もし合計点数が45以上のドーシャが2つあれば、2種類の複合体質ということになります。プラクリティ・ドーシャはヴィクリティ(現時点での体質)と異なることはよくあります。

5,当てはまる 4,まぁまぁ当てはまる 3,どちらともいえない 2,あまり当てはまらない 1,当てはまらない

【プラクリティチェック】

ヴァータ度

1, 動作が早く早口で、人に比べ歩くのも早い
2, 新しいことを覚えるのが早いが、忘れるのも早い
3, 好奇心が強く何事にも興味を示すが長続きしない
4, 体系は痩せ型、またはもともとは痩せ型である
5, 手足の静脈が浮きでてよく見える
6, 便秘しがちである
7, 何か決めるときに、くよくよしがちで決まらない         
8, お腹にガスがたまりやすく、おならが多い            
9, 元来冷え性で手足が冷たい。寒さを感じやすい          
10,座っていても手足や体をいつも動かしている
11,関節がポキポキなることが多い
12,歯の大きさが不揃いで歯並びも良くない
13,特に冬は、肌がかさつきやすい
14,新しい環境にたやすく溶け込める
15,お金を儲けるのが早いが浪費するのも早い

合計点数(ヴァータ度: 点)

ピッタ度

1, 自分を主張し頭脳的、知的でリーダに向いている         
2, 汗っかきで夏が苦手である                   
3, 大食漢でお腹が空くとイライラする               
4, 気が短いほうで、怒りっぽい                  
5, 話し方や行動に無駄がなく、雄弁家といわれる          
6, 若白髪、若ハゲやシワが若い頃から目立つ            
7, 胸やけや口内炎がよく起こる                  
8, 顔色や肌の色は赤みや黄みが強い                
9, 大便が毎日2回以上あり、便は柔らかいことが多い        
10,冷たい飲み物や食物を好む                   
11,知的で鋭い目つきをしている                  
12,日に当たると日焼けしやすい                  
13,完璧主義者で、人にも厳しい。話し方がきつい          
14,皮膚にホクロやそばかすが多い                 
15,目が充血しやすい                       

合計点数(ピッタ度: 点)

カパ度

1, 生まれつきがっちりして体が大きく腕力が強い          
2, 肥満しやすく、腕や足の血管が見えにくい           
3, 食事を抜いても我慢できる                   
4, 毛髪が黒くて年齢以上にふさふさしている            
5, どこでもよく眠れる                      
6, 肌が柔らかくなめらかで、色白である              
7, 歯が白くて大きさが揃っており虫歯も少ない           
8, 激しい運動や労働によく耐えることができる           
9, 歩行や食べ方がゆっくりしている                
10,イライラすることは少なく集中力がある             
11,覚えるのは遅いが、いったん覚えると忘れにくい         
12,引っ込み思案で、恥ずかしがり屋                
13,湿気が多くて寒い気候が苦手で、すぐに鼻水がでる       
14,食物に興味が強く、食事によくお金を使う            
15,心が穏やかで怒ることは少ない                 

合計点数(カパ度: 点)

いかがだったでしょうか。

このプラクリティによって自分自身を理解し、アーユルヴェーダのセルフケアをすることによってさらに気づきが深まっていきます。今後はそういたセルフケア方法も少しずつ紹介していきます。

最新情報をチェックしよう!