CATEGORY

パンチャ・クレーシャ

心の5つの障害

ヨーガにおけるエゴとは?

ヨーガにおけるエゴとは? ヨーガの経典が教えるエゴ(自我意識)は、一般的な「エゴ」という言葉の使われ方とは少し異なるように思います。エゴ/エゴイズムを辞書で調べてみると「利己主義、自我、自尊心、うぬぼれの強い状態」というふうな説明がされています。ではヨーガではエゴをどのように説明しているのかをみていきましょう。 動き続けるのが心の性質 ヨーガでは、私たちはパンチャ・インドリア(五感)によって外の世 […]

生き方をヨガにする/クリヤーヨーガ

 生き方をヨガにする/クリヤーヨーガ ヨーガ・スートラ2章1節 「TAPAH/SVADHYAYESVARA/PRANIDHANANI/KRIYAYOGAH/タパハ/ソヴァディヤー/イェーシュヴァラ・プラニダーナーニー/クリヤーヨーガハ」 「ヨガのゴールに至るために、日常の立ち振る舞い、人との接し方、自分の考え、行いを調和させ、物事の本質を見る目を養い、後悔や嫌悪などの心の曇りを取り除くための具体的 […]

苦悩が現れる段階とその原因について

私たちは肉体を持ってこの世界の日常を生きています。生活をするということは仕事や地域活動などの社会的な役割をこなし、両親や親族、パートナーや子供といった関係性における家庭的な役割も果たすということです。そして今は多くの人がソーシャルメディアやブログ、オンラインゲームなどインターネットの中に存在するコミュニティにもコミットし、そこでもさまざまな活動が発展しています。 時には誰にも会わず1人で自由にゆっ […]

心の障害となる5つの苦悩 Ⅲ

心の障害となる5つの苦悩 Ⅲ 変化し続ける世界にあるすべてのものの中で、最も「自分の本質(アートマー・ブランマン)」「全てを観る存在(ドラシュター)」に近いところにあるのが「感覚と心」です。近い場所にあるからこそ、私たちはつい「感覚と心=自分自身」だと思い込み、これらを同一視し心に苦悩を作り上げてしまいます。 「心の障害となる5つの苦悩Ⅰ,Ⅱ」でアヴィッディヤー(無知)とアスミター(エゴ/自我意識 […]

心の障害となる5つの苦悩 Ⅱ

心の障害となる5つの苦悩 Ⅱ 今回は心の障害となる5つの苦悩①で紹介したアヴィッディヤー(無知)であることが原因となる4つのクレーシャ(苦悩)であるアスミターについて勉強していきます。 アスミター(自我/高すぎる自意識) アスミターは自我、つまりエゴです。私たちも日常的に「あの人はエゴが強い」などという使い方をするように、とても身近なテーマだではないでしょうか。 「心、身体、感覚、考え」は私たちが […]

心の障害となる5つの苦悩

パタンジャリ先生は「ヨーガスートラ」の2章3節のなかで私たちの心を苦しませる5つの原因について説明しています。  心の障害となる5つの苦悩 私たちが日常生活を送るうえで抱える苦しみ、穏やかで安定した心の状態を阻む障害は5つに分類されるとパタンジャリ先生はいいます。ヨーガスートラでは心を苦しめる原因となる考えを「クレーシャ」といい、この5つの苦悩から心を解放するために必要なことは正しい考えをもつこと […]